( 携帯・スマフォ用表示:ココをクリック )


 【 スタッフの簡易チェックポイント 】


◆『遠近両用眼鏡の無料相談会』や『無料体験』をしているお店で、
 『スタッフを選んだ』ら、

 「近々購入を考えているけれど、まずは体験してから検討したい。」と
  お店の人に申し出てみましょう!


※もちろん体験相談会をしていないお店も沢山あるので、
 必ず始めに最初に聞いて下さい。(^-^)



 そして、もし店長指名をする時は、
 「初めてなんだから、『店長さんに測ってもらいなさい』って、
 お友達(あるいは夫、妻)から言われたの」と言えば、まず角も立ちません。


⇒それでも店員が接客を店長に引きつかず、
 しつこい時は、お店を替えた方が良いかも知れません。

(お客様のお気持ちを察せずに、良い眼鏡をお作りするのは難しいです。)


 なお様々な理由で、購入予定のないお客様の測定を断るお店もあります。
(後で嫌な思いをしないよう、先に測定ができるか確認して下さい。)


 いずれにせよ、申し出の一言の直後から、
 色々な対応を鑑みて、そのお店で作るかを判断しましょう。


◇下の表は、私が遠くの友達に『眼鏡屋選び』をアドバイスした「私見」です。
 他の眼鏡店のHPなどのご意見もご覧頂き、総合的にご判断下さい。




【エチケットとして】 【理由・説明】

 過度な期待を販売店側に持たせないよう、
 エチケットとしても、

 「今日は買わないけど、購入検討したいので、
  どんなものか測って欲しい」と言った時の反応。

 (お互いに心の準備になります。)

 ※このHPをご覧のお客様にはいらっしゃらないと存じますが、
  お店にとっては、将来の見込み客かもしれませんが、

  きちんと測ればきちんと時間をかけてお仕えするのですから、
  無料体験させて貰って当たり前といった物腰はご注意下さい。


 お店が混雑していれば、迷惑になるので、
 お店の混雑状況なども考慮して下さい。

 その上で体験装用が可能な店なのに、
 嫌な顔をするかどうかをチェックしましょう。

 ※お店の営業方針で『購入予定がないお客様の測定』を
   一切お断りになるお店もあります。予めご考慮下さい。

 →眼鏡製作はお客様とスタッフの共同作業です。
  上記、左記の※印を書いたのは、高圧的な態度では
  お互いの信頼関係が築けないからです。
  どうかご理解頂けますようお願い致します。

 
【視力測定のチェックポイント】 【お客様から伺った具体例】

◇遠くの度数を測り終えたら、
 近くの度数を測るかどうか?

→主に近くを測るには近用視力表を使います。
棒の部分にメモリのついた視力表です。)



 上の写真が以前使用していた検査機器。
 下の写真が新しい検査機器の写真。

 新しいタイプは普段棒の部分が垂直になっていて、
 目盛を使う時には倒して使います。


 
 このように、視標の距離と度数の相対関係を
 随時確認しながら眼鏡の度数は決めていきます。

 目盛付きの近用視力表やメジャー等を使って
 お客様の調節力を確認していきます。

 40代でも50代後半の目の状態の方もいれば、
 70代で50代の眼の調節力の方もいます。


 先入観なしにきちんとお測りするには、
 きちんとした道具を使う必要が出てきますから。


◇明視範囲を確認するか?

→お客様の体格(身長や手の長さ)、
 姿勢により、読書の距離は変わります。

 また一つの度数で何cm〜何cmが見えるか。
(=明視範囲)を確認することが重要です。

 【体格・姿勢】要素と【明視範囲】をかけあわせ、
 使いやすい眼鏡をお作りすることができます。


◆「前の眼鏡の製作時に遠用度数を測った後、
 何も測らず、いきなり新聞を持たされて、

 『これぐらいの度数でどうですか?』って
 店員さんから老眼の度数を足された。
 ここではこんなに詳しく調べるんですね。」

 と、ご来店のお客様から伺ったときには、
 すごくビックリしました。 (^-^;;)


 近用視力表も使わず、近用度数も測らず、
 「55歳だからこれくらいでどうですか?」と、

 いきなり度数を入れるなんて……。

→「年代を聞いて、それにあわせて、
  まずは老眼の度数を入れろ。」と機械的に
  社員教育している会社もあると聞きます。


 確かに統計的に平均的老眼度数(加入度数)は
 存在するのですが、

 お客様によってかなり差があるので、
 専門家なら時間がかかっても弱めから試します。


⇒その理由は、実際よりも強い加入度数で製作して
 しまう原因の一つであるとともに、

 お客様の負担になるだけでなく、
 慣れ難い眼鏡になることを避けるためです。


◆そのような理由から視標や物を見て頂いた時に、
 目盛のついた測定機器や、
 メジャーなどを使って近用測定をしない場合、
 ちょっとおかしいなと思ってください。

→これに代わる行為があれば問題ないです。
  距離が分らないと私は測定出来ません。(^^;;)


⇒近用度数を測定するには、何らかの道具で、
  目標物との距離を測定しないと、
  度数を決める目安や参考になりません。


⇒具体的には必要な文字の大きさで、
  どのくらいの奥行幅で見えるのかを
  確認するかどうかです。

 仮の近用度数の明視範囲の確認を確認しないと
 強すぎる度数になる可能性もありますし。

 最近は『本当はまだ調節力がある』のに、
 必要以上の加入度数の眼鏡が多いと
 見受ける事が多いです…。


◇勝手に度数を決められていないか?

→お客様に装用感等のご意見を伺わない。
 『私に任せとけばいいんだ』系でないか?



→使われるお客様からの情報が多いほど、
 良いメガネになります。

 (聞き上手な店員さんをお勧めします。)


【測定後の遠近両用の説明内容】
【考えられる可能性・アドバイス】

◆質問をした時にオドオドしていないか。
→周りに助けを求めていないか?


◇専門用語を並べて「プロに任せておけ」といわん
 ばかりで、お客様の話を聞かないお店は要注意。

→お任せですごく良い場合もありますが、
 お客様が初歩的な質問をされた時など、

 小ばかにした態度をとる人がいて腹立たしかった
 と、お話を伺う機会がございます。


 とかく専門家に見受けることで、他人事と思わず、
 どんな質問も丁寧にお答えしたいと思っています。

 どのお店でも、少しでも分からないことは、
 そのままにせず、ぜひご質問下さい。

 お客様や他社・同僚スタッフ、誰に対しても誠実な
 対応をするスタッフは、

 きっとお客様のお話に良く耳を傾けて、
 問題点を解消する眼鏡を作ると思います。(^-^)


→バイトやパートの可能性が…。
(男性アルバイトも今は多いです。)


⇒プロである自分の思おう理想のメガネと
 お客様にとっての理想の眼鏡を混同する。

 これが一番の間違いのもとになります。

 主人公はお客様で、お客様のご希望の眼鏡を
 お作りするのが眼鏡屋です。
 
 よくよくお客様のご希望を伺い、
 眼鏡屋が提案させて頂いた上でお客様のご判断。

 そこでお客様がお任せという許可をされるのと、
 強引に眼鏡屋がお任せで作るのは全く違います。
 
 左記の通り、とにかく何でも質問をする事。

 困っている事を沢山お話しすることから、
 使いやすい良い眼鏡が出来上がります。(^-^)

 眼鏡を作るのは「お客様と眼鏡屋の共同作業」で
 コミュニケーションが一番大事です。




☆このチェック表は、『測定過程』と『コミュニケーション能力』を
 大まかに判断するために作成しました。

※決して他店を非難する為に記してるわけではありません。


☆「ベスト」を目指すが、どんなに尽くしてもそれは『ベター』。

 当店の信条で、ベストと奢ることなく、次はもっと良く!
 常に反省点、至らない点がないか、考察しながら日々過ごしております。

 むしろ、上記のことを自分達にも当てはめて、常に肝に銘じております
 もっと喜んで頂けるお店になれるよう、今後も努力してまいります。


☆加えて『他眼鏡店HP』にはもっと詳しく説明しているものもございます。
 私の『チェックポイント』は、ほんの一部分である一面にすぎません。。

 細かく説明するとわかりにくくなるので、
 平易にして例外事項やその他詳細を列挙、記載していません。

 内容が簡単すぎると感じたり、もっと難しい方が良い時は、
 是非他HPでよりよいお店選びをして頂ければ幸いでございます。

 基礎的な部分を把握して、他の方の詳しく書かれたHPをご覧になると、
 『HPが言ってた詳細部分って、これか!』とお分かり頂けると存じます。

 他の方のHPをぜひご覧頂き、総合的にご判断下さい。




▽ご相談時の注意点


☆なお『無料相談会』や『視力の無料測定』等をしてもらった際、
 お店によって対応が異なるとは思いますが、

 
測定結果の『製作おすすめ度数』お持ち帰りをご遠慮頂く場合があります。


 まず基本的な事柄として、まず有料、無料を問わず、
 医師以外の者が『眼鏡の処方箋』を『発行』することは出来ません。


 当店では、お客様が『処方箋』と混同される可能性もあるため、
 『製作おすすめ度数』のお持ち帰りはご遠慮頂いております。

→簡単にいうと眼鏡店が出来るのは、お買上げになる眼鏡店で測定したの結果
 『お客様の同意された度数』か、『処方箋度数』での眼鏡製作です。

※初歩的なことですが、処方箋発行は、眼科でのみ行えます。


☆また、遠方の完全矯正値は、眼の状態が同じ条件ならば
 正しく測定できる人が複数測定しても、(ほぼ)同じ度数になりますが、

 装用する製作度数は、『楽に』『使いやすい』度数にするため、
 完全矯正値からお客様の目の使い方等を加味して、度数を調整します。

 つまり
相談の仕方次第で、
『度数の条件』や『その度数にした意図』が それぞれ異なりますので、
 お持ち帰られて他店と『数値比較』するだけでは、何ら意味がございません。


 また同じ度数とレンズを用意しても、眼鏡を作る人によって、
 出来上がった眼鏡の快適さが違ってきたりもします。

 (⇒簡単な説明ココをクリック)


※こちらのページの内容は随時改訂していきますので、予めご了承下さいませ。



◆次は遠近両用の測定方法(当店の例)です。(←クリックするとジャンプします。)







【 お客様から頂いたご質問集 】 【 解説資料 】
お客様から頂いたご質問集の目次 おすすめの遠近両用レンズ・中近両用レンズは? 過矯正の眼鏡から累進系眼鏡にかえる方に HP製作者の疲労軽減型累進メガネ・遠近両用眼鏡・中近両用メガネの実例
眼鏡で矯正するのは?近視・遠視・乱視・プリズムの基礎知識 2本めの累進メガネを買うならないがいいか? 遠近両用メガネに大切なアイポイントとレイアウトについて 中近両用メガネレンズの基礎知識
遠近両用レンズと眼精疲労軽減型累進レンズの違い 同じ度数で作っても見え方が異なる。技量差が出るのか? 傷をつけにくくして、快適に眼鏡をかけるには
遠近両用メガネを作るのに必要な縦幅は?

Copyright (C) Taka All Rights Reserved.