( 携帯・スマフォ用表示:ココをクリック )




◇ 遠近両用眼鏡 の 視力測定方法(プロセス)


☆遠近両用眼鏡等の≪ 累進レンズ視力検査のプロセス ≫を、
 このページで、当店を例にして記します。


 念のため、始めに記しますが、あくまで当店の手順例であって、
 他店が同じでなかっただけで 即『おかしい』ということではありません。(^-^)

 何故なら測定方法は、『多種多様』で、
 ちゃんとした技術者なら必ず他の方法で補完しています。


→例えば「米国式21項目検査」や「両眼開放屈折検査」等ありますし、
 それら方法に更なる独自の工夫をして、
 より良い眼鏡作りに努められている技術者も存在します。


 左の写真は私の持っている眼鏡関連本の一部です。

 写真にも書きましたが、測定方法は複数存在します。


 そして情報が多すぎて混乱しないよう、
 各測定方法で共通点の多い『基本的な部分』を記します。

 あまりにも『測定時間が短い』、『かけ離れている』測定で、
 ご不信を抱かれるなら、そのスタッフの方にご質問下さい。


 きちんとした方なら、適切な回答をして下さると思います。



 また、回答を聞いてもご不信をお持ちにならば、
 その場で作る事を辞退され、別のお店もみて回られて、

 納得したお店でお作りになる事をお薦めします。


 (1)コンサルティング(ご相談内容の確認)

☆まず、当店では、前項で準備した事項について伺います。

(A) いつ、どこで、何を見ているときにお困りか?(そのときの部屋の明るさも)
(B) 現在使用中のメガネの度数と使用状況。
(C) お客様のご希望があれば、そのレンズタイプ。



 (2)遠用度数測定


(A) 機械による他覚検査の後、必要に応じて各種検査

(B) 裸眼視力検査やカバー&アン・カバー検査。(眼の動き方の確認。)

(C) 自覚検査にて完全矯正値(→遠くを見るのにベストな度数)を測定。

  ⇒老眼鏡を作るときも、必ず、完全矯正値(度数)を測定します。
  どんなメガネを作る際にも『遠用(遠くを見るための)度数』が基準です。

(D)片眼ずつの完全矯正値を出した後、両眼開放状態で両眼バランス確認。

(E)過矯正でないかのチェックと、両眼で視標を見た結果によっては
   更に詳しくプリズム検査も行います。(斜視・斜位の方に)


   概ね上記までが遠用度数関連(完全矯正値)の測定になります。


 ☆時々「難しい眼」だとご自身で仰るお客様もいらっしゃいます。

  ぜひ具体的にご自身のどの状態をもってそう思うのかを、
  眼鏡をお作りになられる時に、測定する人にお申し出下さい。

  きっと良い眼鏡をつくるための良い材料になると思います。


 ★当店では、測定時『気になる点』が出た場合、メガネの製作を中止し、
  お客様のかかりつけの眼科の受診をお勧めする場合がございます。
  予めご了承下さい。



 (3)近用度数測定


☆遠用度数を測定終了したら、次に近用度数の測定です。
 通常は両眼で、必要に応じて片眼ずつ測定致します。


◇右写真のような道具を使用して、お測りします。
→正確にお測りするため、近用視力表を固定します。

 十字視標・ひらがな視標などを用いて、明視範囲と
 調節力を確認しながら加入度数調節を行います。


★当店のこだわりをわかりやすくいうと、
 
【近用度数の単一度数下での明視範囲】を重視して、

 現在お持ちの【
お客様の調節力】を活かしつつ、
 
【極力歪みを感じにくい度数】算出を心がけております。
  (^-^)b







(4)装用度数の決定


☆テストフレームで、装用度数を決定します。
 累進レンズをためす際は、十分に時間をかけて行います。

⇒この時、お客様に必ずボケる・見えないポイントを確認して頂きます。
 その上で、下記3点をポイントをお客様からお伝え下さい。


(A)当初目的にしていたものを、明視可能かどうかの確認。
  →持ってきたメモを見てチェックしましょう。

(B)使用説明を聞き、実践に即した状態で試す。
  → 少しでも感じたことや、疑問に思ったことを、その場で聞きましょう。

(C)実際のレンズは、あと少し見える面積が増えます。
  →この時点で満足頂ければ、完成品は見える範囲が広くなります。

 →テストレンズで見え方などにあまり満足がなければ、
  別のタイプのレンズ選択をおすすめします。



(5)まとめ


○以上のことを行うと、検査自体は15〜20分前後ですが、

 事前&検査中のコンサルティング、装用テストと説明を入れると、
 全部で30〜40分は、おひとりのお客様にお仕え致します。


☆時間がかかるように思われますが、
 実際に体験すると、スムーズな場合は、あっという間です。

 より良いメガネをお作りするために、大変重要なことばかりです。
 ご協力を宜しくお願いいたします。


〜以上、大まかな流れを上記のように記しました。

 ただ本当に大雑把に書いただけで、当店では上記の他に、

 『お客様のクセ』・『使用方法』、その他『諸々の案件』を考慮して、
  お客様のタイプにあわせた『測定方法』や『テクニック』を用います。
 (^-^)


 詳細を書くと煩雑になるので、ここでは記さない事、お許し下さい。
 (^^;)




 (補足説明)
 

◇測定方法の話を書いたので、眼鏡の教育関連について少し記します。


 ほとんど知られていませんが、眼鏡の専門的な知識と技術を学ぶための
 『
眼鏡専門学校』がございます。(2〜3年間、様々なことを学びます。)

 実技もあるので、専門学校卒業生は一定の知識と技術を学んいます。


 他方、専門学校で学んでいない大多数の方は、どの様な状態かというと、
 所属企業による研修の有る場合、有っても教育内容の質と量が様々です。

 次に教育プログラムが無い、または無いに等しい会社の場合、
 やる気のある方は、独学で専門書を読み解いていく方もいらっします。


 キチンとした教育を受けた、または勉強している人に、
 お客様が巡り合えればよいのですが、

 不運にも、きちんと教育を受けていなかったり、
 自分で勉強をなさっていない方に、当たられる可能性がある、

 言い換えれば眼鏡関連会社・お店だといっても、
 水準にばらつきが業界事情となっております。

 ですから、ぜひ色々なお店の解説HPをご覧になって、
 お近くの良い方に巡り合える事をお祈りいたしております。



◆視力測定は長ければ良い物とは言いませんが、逆に短くなるのは少数派です。
 聞きとり(コンサルティング)と視力測定で30分くらいかかると思います。


 理解の早い方の場合は、もちろん時間は短くなりますが、
 知識のあるスタッフの説明があまり短くなるのは考えにくいです。


 上記のように長々と書きましたが、一言でいえば、
 あまり短時間で終わる場合は、『きちんと測定したか』、

 『使用説明などがしっかりしていたか』等を、
 当店の測定例や他のお店のHPなどを見て、

 十分にご自分で確認することをオススメします。


 当店のお客様へのタイムスケジュールの一例をリンクしておきます。
 ご参考にご覧くださいませ。(ココをクリック)



◆無料測定サービスのエチケット


◇『良いお店に巡り合うため』・『お店・スタッフ選び』のために、
 再度記載しますが、無料測定サービスの有効利用をお奨めします。

 しかし、無料とはいえ、お店スタッフのサービス提供を受けるので、
 ぜひ、その(お店の)エチケットを守ってご利用下さい。


@「今日は買わない。購入検討の為に相談をしたい」と始めに必ず伝える。
 (相手に気を持たせないため。)

→中にはお店の方針で購入者以外の測定をお断りするお店もあります。
 予めご考慮下さい。


A無料測定サービス度数は、お持ち帰りをご遠慮頂くことがほとんどです。

→他のページでも、ご説明申し上げておりますが、有料、無料を問わず、
 医師以外の者が『眼鏡の処方箋』を『発行』することは出来ません。

 お客様の中で、測定度数を処方箋と誤った判断される方もいて、
 そのような誤解が起きないよう、配慮している会社がほとんどです。


☆眼鏡店に許されているのは、お買上げになる眼鏡店での
 『お客様の同意された度数』と『処方箋度数』での眼鏡の作成です。


☆また完全矯正値(遠くが最も見える最弱度数)は教育を受けた技術者なら、
 誰が測定しても、(ほぼ)同じ度数になりますが、

 実際にかける眼鏡の度数は、『楽に』『使いやすい』度数にするため、
 そこからバランスよく、度数を調整します。

 ですから、相談の仕方によっては『度数の条件』が変わるので、
 お持ち帰られて『比較』しても意味がございません。


B上の『度数のお持ち帰りが出来ない。』ことの補足でございます。

 上記の通り、各眼鏡技術者は、『より快適な度数』をご提案するため、
 『各種公開講座』や『勉強会』を通じて、日々鍛錬をしております。

 そのような事情を知らずに、測定の上手な店で測って、
 別の安い店で作ろうとされる方が、稀にいらっしゃるそうです。


→オススメする度数のカスタム傾向が強い方の場合、どの距離を念頭において、
 その度数を最大限活かすために、レイアウトや調整がより必要になります。

 難しい眼の方にとっては、快適さがまったく異なりますので、
 測られた方に製作依頼するのが最良と考えます。

→このため、他店の中には、一律『無料相談』をお断りのお店もあります。
 (信条として。また外見では判断出来ない。など様々な理由があります。)


 恐れ入りますが、何卒諸事情を御高察頂き、
 該当店に悪い印象は持たれないようにお願い致します。


C加えてお客様は、『真剣にこのお店を候補』として考えている。
 そして『見極めるために測定されに来店される』という
 前提を忘れずにお願い致します。


D眼鏡店での検査ではなく、処方箋のお客様にご提案です。
 当店のお客様にもご提案しておりますが、
 定期的な眼科検診もおすすめしております。


 皆様ご存知の通り、白内障や緑内障、黄班変性症など、
 様々な病気を診断できるのは、眼科医だけです。

 病気の中では自覚症状が全くないものもございますので、
 定期検査を受診された時に、運良く見つかる事もございます。


 眼鏡製作は処方箋でも承っております。
 仮に『同じ処方箋』で、『同じレンズで作って』も、
 『眼鏡店が違う』と見え方も変わります。

 健康診断を受診した上で処方箋を見せて、
 眼鏡店で『スタッフの説明』を聞いて納得して、
 眼鏡をお作りになられるのも、とても良い事だと思います。(^-^)



◆次はレイアウト・プレフィッティングです。(←クリックするとジャンプします。)







【 お客様から頂いたご質問集 】 【 解説資料 】
お客様から頂いたご質問集の目次 おすすめの遠近両用レンズ・中近両用レンズは? 過矯正の眼鏡から累進系眼鏡にかえる方に HP製作者の疲労軽減型累進メガネ・遠近両用眼鏡・中近両用メガネの実例
眼鏡で矯正するのは?近視・遠視・乱視・プリズムの基礎知識 2本めの累進メガネを買うならないがいいか? 遠近両用メガネに大切なアイポイントとレイアウトについて 中近両用メガネレンズの基礎知識
遠近両用レンズと眼精疲労軽減型累進レンズの違い 同じ度数で作っても見え方が異なる。技量差が出るのか? 傷をつけにくくして、快適に眼鏡をかけるには
遠近両用メガネを作るのに必要な縦幅は?

Copyright (C) Taka All Rights Reserved.